このブログを始めたわけ。

20161015_1

先日、アメリカ・ニューメキシコでの、ビジョンクエストという旅に参加してきました。

6泊7日、荒野にて一人でテントで過ごし、自分の人生を何に使うのかを探求する旅です。

かつて、ネイティブ・アメリカンの子供が大人になる儀式として、ビジョンクエストの旅に出て、何を生業として生きていくのかを授かっていたのだと聞きました。

尊敬する複数の方がこの旅に行っていたので、ずっと参加してみたかった旅。だけど、「まだその時じゃない」と思い続けていました。

しかし、なぜか今年は「今だ」と感じ、意を決して行ってきました。

ビジョンクエスト風景

この写真は、一人で過ごしたキャンプの場所からの風景です。

自分の人生を何に使うのか。

荒野で一人、この問いに向き合い続けた日々は、まぁ長かったです。お風呂にも入れないし、シャーマンとお食事を運んでくださる方以外誰とも会えないし、限られたエリア以外は出歩けないし、トイレもないし、、、

しばらくは、本当に何か見つかるの?大丈夫?来た意味ある?このまま何もないんじゃないの?暇だー、風呂入りたい~、・・・・と、邪念が次々と襲いかかりました。

けれど、偉大なる自然の力は侮れません。

日の明るさで朝が来たことを知り、「地球にいる」ことを体感し、太陽の動きに従ってできる影や光で体温を調整し、突風が吹けばその空気の動きを全身で受け止め、時に木陰に隠れ、雷雨が襲えば、怯える小動物のようにテントに身をひそめる。夕暮れ時には、空一面のキャンバスに広がる多彩な雲の色をひとしきり愛で、焚き火で暖をとり始めると、今度は光り輝く星、月に覆われる。

大地の温度と空気の流れを常に感じ、広大な宇宙の中に存在する自分を感じないわけにはいかない、雄大で、寛容で、そして優しい、土地でした。

ビジョンクエスト_夜明け前

そんな中で、日に1度だけシャーマンが訪れ、問いを授けて行ってくれます。

他にやることはないので、ただただ、その問いに向き合います。

すると、だんだん、自分の人生のカラクリが一つ一つ紐解かれ、足かせのようにつけてきた過去の記憶・ガラクタがどんどん浄化されていく体験をしました。思い込みや、負の感情も、許され、癒され、浄化していく感覚。

浄化されるごとに、スペースが生まれ、これまで何かに堰き止められていたエネルギーが解放され、蓋をしていた潜在的な感覚・願い・想いがどんどん顕在化していきました。

すると、これまでのあらゆる経験や起きたこと、出会いが必要であり必然であったことが鮮明に見え始め、溢れる感謝と多くの謝罪の気持ちで涙が止まらない。そんな体験をしました。

この溢れ始めたエネルギーを使い、地球に還していこうと決めて帰ってきました。

長くなりましたが、、、

そんなわけで、このエネルギーを循環させるべく、日々の学びや気づきなどを徒然と書く器として、ブログ、始めてみました。

気構えずに、気まぐれで、好き勝手に書いていきたいと思います^^

陽子。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA