対話会の体験。と、自己流の考察(2)

雪森入り口

前回の投稿で、対話会での体験をつらつらと書きました。
対話していると自(おの)ずと必要なことが降りてくる、ちょっと不思議な感覚を。
そして今回は、それをもたらす源は何か…?について感覚的に考察を書いてみました。(ロジカルぶって感覚的すぎるのがこっぱずかしいけど> <)

***

その源になっていると感じることを3つ挙げてみた。

(1)対話会の場が緩んだ状態であること。

緩んだ状態、というのは例えば、よく”発想力が高まるときの状態”として例に出る「大事なことはお風呂の中や、トイレの中、ジョギングをしている時にふと降りてくるんです」というアレが起きる心の状態と近いように感じる。
つまり、ロジカルに思考しているのではなく、感覚開いて緩んでいる時や、何かに夢中になっている時の状態。

対話会は、ゆったりとした時間で、そこで何をしててもいい、何を出してもいい、どうあってもいい、自由な場。そのためか、枠組みにハマる必要がない、何かである必要はない、ただ自分でいること、という許可がある(ように感じる)。

その許可ゆえに、緩み、枠組みを外し、“降りてくるものを受け取れる無意識の状態がスタンバイになっている”のではないかと思う。

・・・・

(2)一人ではない、ということ。

対話会では、自分が自分でいること、なんでもとりあえず出す、ということを大事にしている。そのため、それぞれが(1)のような心の状態で緩み、深く自分の内側にもぐり、何かが心に立ち現われると、「とりあえず出す」ため、それ(内側から立ち現われること)が場に出される。

その誰かから出てきたものが引き金となりまた他の人の内側にいろんな作用を起こす。 お互いの相互作用が起きる。そこに、自分の枠組みを超えた気づきや兆しがある。こうして、”一人でいる時にふと降りてくる発想”とはまた違う、複数の人たちが内側を共有することの作用が自分の枠を超えた気づきをもたらしてくれる。

それは本人にとって都合のいいこともあれば、都合が悪いときもある。ただ、いずれにしても、いまの自分にとって必要な何か(啓示のような…?)だと私は感じている。そして、ともすると、自分にとって都合が悪い何かである方が、本当の意味で、その時に必要な兆しであることの場合が往々にして高い(当社(私)比)。

”誰か”と対話するから、枠を越える。

(3)とりあえず出す、という無責任さ。

そして、とりあえず出す、という時に大事にしていることが「真ん中に出す」「感情を出す」「それを拾っても拾わなくてもいい」ということ。

特にこの3つ目が無責任に出していいという許可をくれている感じがするからか、さらには、ちゃんとしたこと言わなくてもいいような気がするからか、普通は出さないような内側、あるいは、氷山の下にある何かが「場」に出てくる。

誰かに向けて言いたいことを言うのではなくて、自分の中で起きていることをただ、真ん中に出す。たとえそれが誰かに対して言いたいことだったとしても、その反応を自分のこととして場に出す。

相互作用、創発が生まれるきっかけが、その「いい意味での無責任さ」にあると思う。また、無責任に出せるからこそ、自分のあり様を外から捉えることができるチャンスが増しているのだろう。

これは、(2)で挙げた「誰かと対話をする」ことによって起きる気づきや枠組みに気づく、といった効能(?)の「幅と深さ」を大幅に広げるスパイスになっている。

***

対話会の不思議な空間と体験は、こうした大事にしていることをみんなで大事にするから生まれるのかなと書いてみて改めて感じた。

この対話会はよく、温泉に一緒に浸かったみたいな感覚、という表現をされる。それは、緩んで、安心して出せて、つながりを感じられる、ということなのだろう。(と私は解釈している)。

このことに、大切なことが包含されているように思う。

だからこそ、自(おの)ずから自分自身であることを取り戻せる、そして、その時必要な何かを受け取れる、優しい場になっているのかもしれない。

 

対話会の体験。と、自己流の考察(1)

雪の森

(株)Dialogue with を立ち上げてから、対話会を2回やりました。 

「対話会って、何やるの?」と、いうことについてあんまり厳密にわからなくても「なんだか行ってみたい」と言ってみんな参加してくれている様子なので、そんなに説明することはないのだけど。

そして、あえて説明するのも違うような気がしているけれど。

2年前にもやってた対話会の時の体験も踏まえて、起きていることについてちょっと振り返ってみたので書いてみます。

なんか、素人がネタのボケを解説するみたいで、とても野暮な感覚を覚えるのですが、、、あくまで私の仮説です。

足跡

 

私の内側で起きていることを書くと・・・

この対話の時間は、いつも自分に課している「役割」や、「期待に応えようとする自分」や、「社会的にちゃんとしていること」などから解放されて、緩んで、スーッと、自分の奥の方に潜りに行くような感じになる時間。 その時、力が抜けて、いろんな境界線がなくなる感じ。

あ、堅い殻に私は入っていたんだな、とぼんやりと気づく。

自分の内側に潜って行くと、いろんな感情が湧いてきたり、関係ない何かが思い出されたり、する。

そのふと訪れる感情によって、自分の今いる状態を知り、受け入れることができて、滞っていた何かの流れをよくすることになったり。

あるいは、ふと何かが思い出されたりする時、自分が今悩んでいることや、なんとかしたいと思っていることに対する、打ち手だったり、大事な気づきだったり、とらわれてた枠組みに気づくことだったりする。

***

そして、それらの現象は、とても居心地のいい感覚の中で自(おの)ずと立ち現れてくる、そんな感じ。 強引に絞り出すでも、考え抜いて導き出す、でもなく、ふと自然に浮かんでくる。

そして、地に足がついた感覚で、優しく繋がれる。

***

これが、対話会の中で、よく起きるなと思うこと。

こういう感じは、どうやら、私が感じているだけではないらしい。

とても深く共感できるようなことをその場にいる人たちから耳にする。

ではなぜ、こういうことが対話会では起きるのか?
そのことについて、次回私なりの考察を書いてみます。

続きは、こちら→  対話会の体験。と、自己流の考察(2)

人生かけた人体実験

カフェ2

私は、生きたいくらし・働き方を自分の人生を使って人体実験している。

特に突出したスキルや経験も持たず、「誰もが本来の力を発揮してイキイキと働ける社会」になるために働きたい!という想いだけで3年前、会社を退社し、フリーランスになった。

それからいろんな仕事をさせてもらった。職種として数えたら10以上。中には収入にすぐにつながらなくとも、経験のため、信用していただくためと、とさせて頂いたことも多々。

逆に収入(生活)のためにできることをさせていただく(本当にやりたいかどうかは別)のお仕事の場合も多々。

この働き方に於いては、依存的な姿勢でやってしまうと、アウト。ということも身をもって学んだ。

相当働いているのに、会社員時代とは比べ物にならない微々たる収入の時もあれば、本当にやることがなくて自暴自棄になりそうな時もあった。

お仕事があるって、それだけで本当に本当にありがたかった。

だけど、徐々に自分が喜びからできる仕事、本当にやりたいと思っていた自分のミッションを体現できる仕事を「仕事」として依頼されていくことや、自分で作り出して行けることの割合が増えていった。

今は、その割合がほとんどになっている。

ありがたすぎ。

人がその人自身と繋がって、「誰として何を為したいか」というビジョンに自覚的になる。本当に貢献したい場所で貢献し、そこに経済性が伴う(仕事として成り立つ)。

その結果、イキイキする、高いパフォーマンスが出せる、世界に必要なことが為される。

お互いがお互いのビジョンや本来の魅力・強みにコミットし合う組織で、高め合うことができる。

そんな状態を作りたいって、ずっと言い続けてきた。

そのことのために自分の命を使いたいって。

そのために学び、経験も積ませていただき、失敗もたくさんしてきた。

今も、まだまだ自分の人生を先のことまでは見通せない。

私は何屋さんです、とは一言で言えない。共通するのは、この目的と合致する仕事であること。いろんなプロジェクトやお仕事を並行している。

それでも、自分の人生を作っている感覚がある。

この自分の使命に従って生き方・働き方を作っている自負もある。

まだまだ、目立った何かを成し遂げてはいないけれど(笑)

 

なんて、ありがたいことなんだ。

この人体実験を通して、可能性を実証していきたい。

こんな働き方・生き方も、凡人でもできるようになるだって。

人は、本当に生きたい生き方を自分でデザインし、実現できるんだって。

絵描きの幸せ

カフェ1

絵描き(ビジュアライズコーチング)の仕事をしていると、本当に幸せだなぁと思う瞬間がたくさんある。

以前は、ビジョンを最初からインタビューしていたけれど、最近は人生のリフレクションや、潜在的なリソースの深堀など、水面下までたっぷり覗きに行った上で、立ち現れるビジョンを描き出す機会が増えた。

そんな中での、幸せな瞬間は・・・

インタビューして、描き出していくうちに、ご本人も気づいていなかった本当の魅力がポンポンと立ち現れる瞬間。

過去の痛みを絵にしてみて、それを共に眺めているうちに受け入れたり笑い飛ばせるようになって、その経験こそがその方ならではの価値(あるいは、パワーの源泉)だと一緒に発見できる瞬間。

そんな瞬間を経たあとには、絵描きの始まりの時には思いもよらなかったような、魅力的でパワフルなビジョンを、ご本人がとうとうと語り出す瞬間。

どうも抜けられないつらいスパイラルの中にいたとしても、これまでの人生を絵にして眺めてみたら、「なんだ、よくやってきたじゃん」って一緒に褒め称えているうちに、一気にパワフルなスパイラルにシフトする瞬間。

ずっと大切にしてきた信念(思い込みでもある)が、ある種の恐れとなって何かの可能性を止めていたとしても、そのことを一緒に俯瞰してみたら、あっさりと、その恐れを超えた全く異なるびっくりするような発想に転換する瞬間。

とか。

 

私は、ただ、インタビューして絵にして、一緒に眺めて味わっている。

その時、こういうことが起きるってことを、どこか深く信じている。感覚的には、知っている、の方が近いかも。

夕日

最近、本当に強く思うのが、人が本当に自分の全体性(いい・悪いの二元論ではなくその全て)を受け入れて、本当に許せて、そして、痛みを笑い飛ばせたら(だいぶデフォルメした表現だけど)、一気に晴れやかで元気になっていく、ということ。しいては、めっちゃ幸せそうになっていく、ということ。

その幸せそうな表情を見ると、「あ~、本当にはこういう表情する人だったって、私、なんとなく知ってたなぁ」て思う。おかえりって。本当のその人が戻ってきた感じ。

私は、その時、あ、「自分につながったんだな」って思う。

そこから出たビジョンに向かって生きている人たちが、とっても生き生きしている現場に遭遇する機会が、最近増えた。

こんな幸せなことはない。

さらに、その周りの方も、イキイキし始めたその方の出す波動で、幸せを感じてくださる。(というようなメッセージを本日いただき、本当に、私も幸せすぎる)

私の仕事は、そこに至るまでを、言葉や絵で媒介することなんだろうな、と。

どんどん、どんどん磨いていこうと思う。

このブログを始めたわけ。

20161015_1

先日、アメリカ・ニューメキシコでの、ビジョンクエストという旅に参加してきました。

6泊7日、荒野にて一人でテントで過ごし、自分の人生を何に使うのかを探求する旅です。

かつて、ネイティブ・アメリカンの子供が大人になる儀式として、ビジョンクエストの旅に出て、何を生業として生きていくのかを授かっていたのだと聞きました。

尊敬する複数の方がこの旅に行っていたので、ずっと参加してみたかった旅。だけど、「まだその時じゃない」と思い続けていました。

しかし、なぜか今年は「今だ」と感じ、意を決して行ってきました。

ビジョンクエスト風景

この写真は、一人で過ごしたキャンプの場所からの風景です。

自分の人生を何に使うのか。

荒野で一人、この問いに向き合い続けた日々は、まぁ長かったです。お風呂にも入れないし、シャーマンとお食事を運んでくださる方以外誰とも会えないし、限られたエリア以外は出歩けないし、トイレもないし、、、

しばらくは、本当に何か見つかるの?大丈夫?来た意味ある?このまま何もないんじゃないの?暇だー、風呂入りたい~、・・・・と、邪念が次々と襲いかかりました。

けれど、偉大なる自然の力は侮れません。

日の明るさで朝が来たことを知り、「地球にいる」ことを体感し、太陽の動きに従ってできる影や光で体温を調整し、突風が吹けばその空気の動きを全身で受け止め、時に木陰に隠れ、雷雨が襲えば、怯える小動物のようにテントに身をひそめる。夕暮れ時には、空一面のキャンバスに広がる多彩な雲の色をひとしきり愛で、焚き火で暖をとり始めると、今度は光り輝く星、月に覆われる。

大地の温度と空気の流れを常に感じ、広大な宇宙の中に存在する自分を感じないわけにはいかない、雄大で、寛容で、そして優しい、土地でした。

ビジョンクエスト_夜明け前

そんな中で、日に1度だけシャーマンが訪れ、問いを授けて行ってくれます。

他にやることはないので、ただただ、その問いに向き合います。

すると、だんだん、自分の人生のカラクリが一つ一つ紐解かれ、足かせのようにつけてきた過去の記憶・ガラクタがどんどん浄化されていく体験をしました。思い込みや、負の感情も、許され、癒され、浄化していく感覚。

浄化されるごとに、スペースが生まれ、これまで何かに堰き止められていたエネルギーが解放され、蓋をしていた潜在的な感覚・願い・想いがどんどん顕在化していきました。

すると、これまでのあらゆる経験や起きたこと、出会いが必要であり必然であったことが鮮明に見え始め、溢れる感謝と多くの謝罪の気持ちで涙が止まらない。そんな体験をしました。

この溢れ始めたエネルギーを使い、地球に還していこうと決めて帰ってきました。

長くなりましたが、、、

そんなわけで、このエネルギーを循環させるべく、日々の学びや気づきなどを徒然と書く器として、ブログ、始めてみました。

気構えずに、気まぐれで、好き勝手に書いていきたいと思います^^

陽子。